The Montague and Veronica Keen Foundation
Dedicated to love, truth and simplicity
Montague’s Message  Channel: Veronica Keen
nichiyoobi 21 shichigatsu 2013

今は時が始まった時以来の最大の戦いの渦中。至る所で混乱がおき、不信が蔓延している。警告したとおり、人 間の思考を干渉するプログラムが作動している。意識が上向きにならないように作用するテクノロジーだ。しか し悲しいかな、多くはこの事実を認めない。自分が正しいと思っているのだろうが、現実はトラックから完全に 外れた状態。エゴを刺激されうまく扱われ、実際はコントローラーの手中の粘土細工、格好の餌食。そして年齢 を重ねれば、自らの誤ちを認めるのは難しくなる。闇はその者の魂を得たのだ。しかし結果はでた。闇が自暴自 棄なのは追いつめられているから。闇に勝ち目はなく、彼らが支配にしがみつくために、あらゆるツールを使お うとするのも想像に難くない。


支配に翻弄されない者が周りにいないか。途中であきらめる者もいるだろうが、それも選択。自由意志の表れ。 翻弄されるを止め、自らの心に入れ。そこには絶対の真実があり、それこそが守るべきもの。たとえどう思われ ようとも、真実に固執して。私はあなたを案内しよう。


目覚めるとは思いもよらかった国から届く電子メール。世界が目覚めつつある証拠をあなたは得ているはず。我 々が以前あなたに説明した戦略に従い、それに固執し、戦いは光に優勢。闇から光に鞍替えする者も多い。こち らとしては大歓迎だ。翻弄する者も多く、知らず知らず汚染される者も多い。心はもろく害されやすい。彼らを 愛で扱い、気にかけて。いずれにせよ、うまくいくだろう。真実と光に集い、看破し露わにする時。いずれ皆光 になる。闇の攻撃に苦しむ者、争いのある国に光と愛を送って。あなたの目に真実の光を明るく輝かせて。
人類も地球も苦しみを被ってきた。しかし至る所に満ちる強烈な光のエネルギーに支配された地球で、彼らは生 き残る事は不可能。腐敗が露わになり、もはや隠れる場所はない。多くの人は地球を去る事になる。汚された聖 地。しかし、光はまだそこにある。隠されているだけだ。それを回復し蘇らせる事はできる。うまくいくだろう 。すべては光に戻る。


私は霊媒を通して語る時、私は私であるということを証明する証拠をいつも与える。私がはじめてspiritに行った とき、spiritにいる私の親類の情報を捜索するからと、「Monty Keen 」宛に代金を請求した人々がいた。しかし私はそういう残酷なサギに請け合わなかったし、その一味にもならな かった。そして今でも、私の名前をサギに使う者がいる。内面、外面、どちらの世界にも闇はある。良い心に扮 する暗い心がある。暗い心は、誤った情報を教えて誤った道に導こうとする。自らの心に語りガイダンスを求め るとき、用心して。あなた自身のため、読者や観衆のため、情報のソースをよくチェックして。


他にしたことは、いつの日か自分にかえってくる。自分の行動には責任があるのだ。お金のために魂を売りわた す傭兵。彼等の肩には、殺された罪なき民の魂が乗っている。罪なき民に対し行われる戦争の目的はみな、地球 の破壊、人口削減。それらの戦争への加担を拒否して。


イスラム教徒を恐れよと言われる。黒人を恐れよと言われる。中国人を恐れよと言われる。
恐れるべき者のリストは続き、引き起こされる流血と恐れ。「ちがう」というコトバ、そのコトバが心に植えた 不信やウソの種がどう育っていくか。spiritの側にいれば、地球を全体として見られ、その様 子を見てぞっとするのだ。


恋をしている時、光にある時、人は光の存在を敵とみなさず、闇の犠牲者とみなす。そうなれば、不信と恐れの 種を見つけるのは易い。策略にハマらないで。あなた方を自由が待っている。恐れも対立ももうない。宣伝にお どらされず、目覚め自由になって。力をあわせればできる。地球を取り戻し、世界はふたたびつながるべき。そ れが未来。両手を広げて歓迎すべき。これはこの地上で計画されたあなたの生命経験。教えられたあなたではな く、あなたが思うあなた自身に還って。あなたの正体をあなたから隠しておくために植え付けられた三次元思考 から踏み出して。制御から心を解き放ち、真実を見て。


闇の操り人形であるのを止めて。人種や信条にかかわりなく、光はあらゆる人間をうけいれる。光を受け入れ、 共有して。恐れを取り除いてこれからやってくる解放を楽しんで。


光が攻撃されている。個人への攻撃ではなく、それは闇の扇動によるものだ。物理的、精神的攻撃がつづき、非 常につらい時。でも私は永遠にあなたの味方。Montyより。




Translation: Takuya Kobayashi

© The Montague and Veronica Keen Foundation
All rights reserved
No part of this website may be reproduced without permission